blog index

(株)ダイヤモンドアップルの『完熟りんご』ブログ

(株)ダイヤモンドアップルがおくる、人に喜んでもらう為の『完熟りんご』作りの奮闘記


(株)ダイヤモンドアップルのHP→ http://d-apple.net/
<< 園地タイプA 2014年病害虫防除薬散布  第11回目 | main | 今年の鳥はしつけがいい。 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ちょっと調子のったかもしれん(汗)
    0


      今年の【つがる】ですが












      ちょっと成らせ過ぎたかもしれん(汗)








      りんごの世界へようこそ。じゃなくて!






      たしかに豊作は良い事なんだけど、りんごをたくさん成らせると、来年のりんごが成らなくなるんです。




      りんごは今年の実を作ると同時に、来年用の花芽も作っています。



      養分が今年のりんごに取られて、来年の花芽ができずらい状態になっているかもしれません。



      早生種の【つがる】はそういう状態にはなりずらいと聞きますが、ちょっと不安。



      明日ちょっと来年の花芽がちゃんとできてるか確認しよ。。。






      ちなみに花芽形成の抑制に影響しているといわれる植物ホルモンはジベレリン。

      りんごの種で作られて、樹体に回ります。


      成ってるりんごが多いと種の数も増えますよね。


      種が増えるとジベレリンの量も増えて、花芽形成の抑制に影響するわけですな。









      じゃあなんで成り過ぎた次の年はりんごを成らせないようにしているのか?


      それは樹体を守るためと考えられます。


      りんごを成らすのは樹にとってはものすごくパワーを使う事。


      だから何年もりんごを成らせ過ぎると、パワーを使い過ぎて樹が弱って死んでしまいます。


      それを防ぐために、成らせ過ぎた次の年はジベレリン効果で成らせないで、体力の回復を図っている。と思われます。植物って賢いね☆









      とはいえさー。


      こんなに良いりんごがたくさん出来たら、成らせたくなってしまうじゃない!?


      後悔先にたたないじゃない!?



      いや!


      樹体を維持しつつ、来年も同じくらい成らせるのが農家の腕だろうさ!!!



      やったるでーーー!!!

       
      | 石岡 チカゲ | りんご畑は今 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 21:44 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする


        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << April 2020 >>

        bolg index このページの先頭へ